漢字のまち喜多方 ~約3,000年前の古代文字に触れる~

第3回郷土を知る講座~観る・学ぶ・聴く~

喜多方市立図書館で、第3回郷土を知る講座が開催されます。

漢字のまち喜多方ということもあり今回は、「古代漢字を知る」というテーマで、古代漢字に関する講話や、古代漢字を使った紙芝居が上演されます。

内容は、漢字が生まれた頃のお話や、日本に漢字が伝わってきた頃のお話、古代漢字から、現代の漢字へどのようにして変化したかなど、漢字の成り立ちなどを予定しております。「漢じる紙芝居」では、漢字の成り立ちや意味を紙芝居にして、子供から大人まで分かりやすく楽しんでいただける内容になっております。

 

日時:平成28年6月26日(日)

14:30~16:00漢じる紙芝居

会場:喜多方市図書館2階 第一閲覧室

内容:古代文字に関する講話・紙芝居上演・古代文字を楽しむワークショップ

講師:喜多方を漢字のまちにする会

資料費:200円(当日お支払ください)

申込み方法:喜多方市立図書館の窓口で必要事項を記入する。又は、喜多方市立図書館まで電話で申し込みください。

申込・お問合せ先;喜多方市立図書館 0241-22-1855

定員:30名(小学3年生以上)

締切:6/24(金)・締切日前でも定員になり次第受付を終了させていただきます。

主催:喜多方市立図書館

協力;喜多方を漢字のまちにする会